債務整理の流れとは

債務整理の中でも債務者と直接交渉をすることができ、裁判所などの手続きを必要としない任意整理を例に債務整理流れを見てみましょう。まずは借金について弁護士に相談をします。どこからどのくらい借りているのか、借金の現状がわかるものを全て持って相談に行きます。借金の総額を正確に把握するためだけではなく、返済計画を立ててもらうことができるので現在の収入がわかるものも持っていくとスムーズに相談することができます。

交渉借金の現状や収入を聞き、弁護士が任意整理ができると判断すればその場で任意整理を行うかどうかを決定します。任意整理が決定すると弁護士から債権者である金融機関に受任通知を送付することで取り立てや催促は全てストップします。受任通知を受け取った債権者は取引に関する明細を弁護士に送り、明細をもとに利息制限法を使って引き直し算を行います。引き直し算を行うことで債権者との交渉の際に、今後の返済額や利息、支払い期間などについて話し合うことができます。直接債権者と交渉を行い、和解案が債権者と債務者の間で合意できるものであれば和解契約が締結されます。この時に提示される返済計画に従い、今後は返済を行っていくことになります。

『参考リンク』借金返済